世界のLCC

日本でもすっかりおなじみのLCC。
サービスが簡素化されることにより低価格を実現させたLCCは、世界中で利用されています。


LCCが台頭してきたことにより、大手航空会社もより安く料金を抑えなければならなくなり、インターネット経由で、直販の格安航空券をだしはじめました。
そのため、以前のように旅行代理店経由の団体ツアー格安航空券で航空券を販売する方法も減少しつつあると言われています。
世界の航空事情はめまぐるしく変化しています。


こういった世界の航空事情のなかで、アジアでは、マレーシア、タイ、インドネシア、インドなどが急成長をとげてきました。
一方、中国は2004年の航空業規制緩和で初めて春秋航空が発足しました。
大韓民国でも済州航空が営業を開始しました。
世界のLCCとなったその需要は伸びつつありますが、燃料価格の高騰で経営状態が悪化し、運航停止しているものが多いのも現実です。


ヨーロッパでは、EU内ではLCCがすでに20%、イギリスでは50%もシェアを占めているといわれています。
アメリカでは、LCCの中では安定したシェアを占めている会社もあります。
2001年のアメリカ同時多発テロ以降、大手航空会社が破たん、もしくは経営再建をしている一方、大手格安航空会社のサウスウエスト航空などがシェアを伸ばし続けました。
現在では、価格競争、燃料高騰のため、多くのLCCが経営破たんしました。
LCCは現在アジア、アフリカで急成長をとげていて、低価格で世界をはばたくのにますます便利になってきています。

Copyright © 2014 LCCで行く!空の旅世界事情 All Rights Reserved.